Sunday, January 22, 2017

玄秀盛, 中下大樹『何があっても生きる』

Gen, H., & Nakashita, D. (2013). Nani ga attemo ikiru: Koritsu hinkon jishi no rensa o tatsu. Koseishuppansha.

中下 ― 例えば同じ町でも、道路一本を挟んでこちら側は東電からお金が出ているけれども、向こう側は出ていないとか。放射線量が場所によってどれだけ高いとか。警戒区域とされる“半径”の中なのか外なのか。そんな不合理な線引きの結果、同じ町の中でも分断が起こるわけです。
水俣訴訟の時でもそうだったと思うのですが、同じ町民同士が対立を起こしたり憎しみを抱いてしまうのは、お金が絡んでいるからです。「うちは賠償ゼロなのに、なんであの家は〇〇万円も出るのか」ということで対立が始まる。でもよく考えたら同じ町に住んでいて、同じような被害を受けているわけです。本来ならば団結して、東電や国に対して賠償を訴えなければいけないのに、目の前の町民同士でいがみあってしまう。それは国とか東電からすると「してやったり」の状況なんですよ
― 一つになれたらこんなに強いことないけどなぁ。それこそ、東電や国の「してやったり」というのもわかるよな。

(p.p.22-23)


Sunday, December 4, 2016

池田整治『原発と陰謀』

:自分の頭で考えることこそ最高の危機管理
Ikeda, S. (2011). Genpatsu to inbō: Jibun no atama de kangaeru koto koso saikō no kiki kanri. Tōkyō: Kōdansha.

[原子力行政の不健全さと東大の閉鎖性で]象徴的なのが、立命館大学名誉教授の安斎育郎さんが東大時代に「村八分」にされ、一七年間も助手のまま据え置かれたという一件です。
・・・「同期生のほとんどは原子力業界に進みましたが、わたしは学生時代から原子力の安全が破綻したらどうなるか、ということに関心があり、一人だけ原子力政策を批判する立場になりました」
 ボスである教授は、研究室の全員に「安斎とは口をきいてはいけない」と言い渡し、そのため後進の教育からも外されてしまいました。狭い大学という世界でボスににらまれたらどうなるかは、ドラマや映画にもなった医療界を描いた小説『白い巨塔』でもおなじみです。(p.92)

Thursday, November 10, 2016

David Lyon『スノーデン・ショック : 民主主義にひそむ監視の脅威』

Lyon, D., tajima, ., Ōtsuka, K., & Niitsu, K. (2016). Sunōden shokku: Minshu shugi ni hisomu kanshi no kyōi. Tōkyō: Iwanamishoten. (The Original title: Surveillance after Snowden)

・・・少なくとも監視の実施に関して三つの局面がとても明白になった。第一に、政府は自国の市民を対象にした大量監視に携わっており、このことは民主主義の基本的な実践に反している。NSAは監視を行っている世界最大の政府機関だが、その活動はアメリカ以外の多くの国々にも反映されている。第二に、企業は互いの利益のために、「所有する」提供データを政府と共有している。・・・とりわけ、インターネット会社は承知の上でかどうかはともかく、個人データを提供すべく共謀している。第三に、とりわけソーシャルメディアにおけるオンライン上での交流や携帯電話の使用を通して、一般市民もまた[個人情報の窃盗に]関りを持っている。そのことを必ずしも自覚しないで、他者とオンライン上で接触するだけで我々は皆、NSAやその他提携機関にデータを提供しているのである。
 ・・・どのインターネット検索であれ、どの電子メールであれ、どのテキストであれ、実際、ルーターかWiFiネットワークのいずれかがあれば、電話のような電子機器を携えて人が行くところはどこであれ、それらにより、コーヒーショップ、教室ないし事務室にある人がいるということは記録されるだろうし、これら各々のものは公的および民間の組織の両方により収集・分析され、データ貯蔵庫に付け足される。
(p.10-11)

Wednesday, September 7, 2016

浅羽通明『野望としての教養』

Asaba, M. (2000). Yabō to shiteno kyōyō: Daigaku kōgi.

 日本の「世間」において、著者のようなフリー業者は・・警察の不審尋問に名を借りたいやがらせetcを免れるためにも、大学講師の肩書はぜひとも欲しいものだった。(p.502)

Thursday, July 28, 2016

Dr. Moret, 'Japan’s deadly game of nuclear roulette'

  In The Japan Times in 2004 Dr. Moret predicted the nuclear disaster in Fukushima. She slao suggested that as is often the case with righteous braves, those whistle-blowers are always fired and silenced by COINTELPRO perpetrators. [2004年のJapan Timesで、モレ博士はフクシマの原発事故を予言していた。またこのように市民にとって重大な危険を告発する者は職を解雇され弾圧されるのが常であることに言及し、COINTELPRO(集団ストーカー)を使った権力犯罪が背後で行われていることを示唆している。]

Excerpts from the article:

Of all the places in all the world where no one in their right mind would build scores of nuclear power plants, Japan would be pretty near the top of the list....

Japan sits on top of four tectonic plates, at the edge of the subduction zone, and is in one of the most tectonically active regions of the world....

However, many of those reactors have been negligently sited on active faults, particularly in the subduction zone along the Pacific coast, where major earthquakes of magnitude 7-8 or more on the Richter scale occur frequently. The periodicity of major earthquakes in Japan is less than 10 years. There is almost no geologic setting in the world more dangerous for nuclear power than Japan — the third-ranked country in the world for nuclear reactors....

....I was surprised to see so many reporters attending the two press conferences held at Kakegawa City Hall and Shizuoka Prefecture Hall. When I asked the reporters why they had come so far from Tokyo to hear an American geoscientist, I was told it was because no foreigner had ever come to tell them how dangerous Japan’s nuclear power plants are....

I told them that this is the power of gaiatsu (foreign pressure), and because citizens in the United States with similar concerns attract little media attention, we invite a Japanese to speak for us when we want media coverage — someone like the famous seismologist Professor Ishibashi!

....As reported last year in the journal Science and Global Security, based on a 2001 study by the U.S. Nuclear Regulatory Commission, if the heat-removing function of those pools is seriously compromised — by, for example, the water in them draining out — and the fuel rods heat up enough to combust, the radiation inside them will then be released into the atmosphere. This may create a nuclear disaster even greater than Chernobyl....


In 1998, Kei Sugaoka, 51, a Japanese-American senior field engineer who worked for General Electric in the United States from 1980 until being dismissed in 1998 for whistle-blowing there, alerted Japanese nuclear regulators to a 1989 reactor inspection problem he claimed had been withheld by GE from their customer, Tokyo Electric Power Company. This led to nuclear-plant shutdowns and reforms of Japan’s power industry.

Sugaoka agreed, saying, “The scariest thing, on top of all the other problems, is that all nuclear power plants are aging, causing a deterioration of piping and joints which are always exposed to strong radiation and heat.”

Like most whistle-blowers, Sugaoka and Kikuchi are citizen heroes, but are now unemployed....

The Radiation and Public Health Project, a group of independent U.S. scientists, has collected 4,000 baby teeth from children living around nuclear power plants....

Unborn children may be exposed to Strontium-90 through drinking water and the diet of the mother. Anyone living near nuclear power plants is internally exposed to chronically low levels of radiation contaminating food and drinking water. Increased rates of cancer, infant mortality and low birth weights leading to cognitive impairment have been linked to radiation exposure for decades....

Like the former Soviet Union after Chernobyl, Japan will become a country suffering from radiation sickness destroying future generations, and widespread contamination of agricultural areas will ensure a public-health disaster. Its economy may never recover.

 (2004, May 23). Japan’s deadly game of nuclear roulette. The Japan Times.

Retrieved from http://www.japantimes.co.jp/life/2004/05/23/to-be-sorted/japans-deadly-game-of-nuclear-roulette/#.V5nkqo9OLIU


Saturday, July 2, 2016

Benjamin Fulford 『人殺し医療』

Fulford, B. (2013). Hitogoroshi iryō: Mafia ga shihai suru gendai medikaru shisutemu. Tōkyō: Besutoserāzu.

 患者がいなくなれば病院は潰れる。逆に言えば、病人が増えれば増えるほど、病気が長引けば長引くほど「儲かる」。ナチス医療マフィアたちは、そこにつけ込んで「人殺し医療」に変えてきた。
 ならば・・病院や医療従事者は、「健康な人」からお金を受け取ればいいのだ。(p.245)


日下公人 『人間はなぜ戦争をやめられないのか』

Kusaka, K. (2004). Ningen wa naze sensō o yamerarenainoka: Heiwa o gokaishiteiru nihonjin no tameni. Tōkyō: Shōdensha.

 アメリカ日本占領中[ 日本人婦女を強姦する]犯罪を犯したが、日本人はそれは個人の犯罪だと認識してアメリカに国家賠償や謝罪は要求していない。(p.210)

 アメリカも一九四五年(昭和二十年)の日本進駐にあたっては、[米兵用の]慰安施設を作るよう、日本の県庁や警察に命令している。(p.216)

 ・・・空襲による焼け跡だった・・真っ暗な瓦礫の山へ、日本女性とアメリカ兵は腕を組んで消えていき、また戻ってきた。当然、不払いもあれば気まぐれ殺人もあるが、日本の警察は手を出せない。(p.217)

     ************

 アメリカは世界一の債務国で、二兆ドル超の借金(対外債務)があるが、アメリカに金を貸している国は、すべてアメリカの応援をする。日本に金を借りている国は、すべて日本の敵に回る。日本から借金をしている国は、日本が滅びてくれれば丸儲けだからだ。債権大国になったことを喜んでいる場合ではない、という戦争論からの認識が欠けている。(p.242)

     ************

“階層社会”が虐待を呼ぶ
 戦争中の日本は全体が階級社会だった。・・・韓国人も、中国人に対しては日本人として振る舞い、中国人を見下した。

 十七世紀、十八世紀のイギリス庶民のレジャーは、動物をいじめ殺すことだった。・・・自分より下がいないから、動物をいじめる。・・児童虐待も[イギリス庶民の]レジャーだった。(p.229)