Saturday, June 17, 2017

「白色テロ」の系譜

Genealogy of White Terror

Terreur blanche (France)

L'expression de terreur blanche1, employée en référence à la Terreur de la Convention montagnarde, désigne les périodes de répression exercées généralement par des royalistes, dont la couleur emblématique est le blanc, contre leurs opposants.
La première « terreur blanche » se déroule dans le Sud-Est de la France, dans la vallée du Rhône, en 1795 où elle fait sans doute 2 000 morts2. En 1815, des groupes royalistes se livrent à des assassinats ou des massacres de militants, de personnalités révolutionnaires, de bonapartistes et de libéraux, avec la complicité des autorités qui mènent une répression légale.


The White Terror was a period during the French Revolution in 1795, when a wave of violent attacks swept across much of France. The victims of this violence were people identified as being associated with the Reign of Terror - followers of Robespierre and Marat, and members of local Jacobin clubs. The violence was perpetrated primarily by those whose relatives or associates had been victims of the Great Terror, or whose lives and livelihoods had been threatened by the government and its supporters before the Thermidorean Reaction.


Бе́лый терро́р

в Росси́и — совокупность крайних форм репрессивной политики антибольшевистских сил во время Гражданской войны (1917—1922), включающих принятие органами власти репрессивных актов и их практическую реализацию в виде радикальных мер, направленных против представителей советской власти, большевиков и сочувствующих им сил. К «белому террору» относятся и репрессивные действия вне рамок какого-либо законодательства со стороны военных и политических структур антибольшевистских движений различного толка. Отдельно от этих мер Белым движением применялась система превентивных мер террора как акции устрашения по отношению к сопротивляющимся группам населения на контролируемых им территориях в условиях чрезвычайных обстоятельств.

The White Terror in Russia refers to the organized violence and mass killings carried out by the White Army during the Russian Civil War (1917–23). It began after the Bolsheviks seized power in November 1917, and continued until the defeat of the White Army at the hands of the Red Army. The White Army had support from the Triple Entente and fought the Red Army for power, which engaged in its own Red Terror. According to some Russian historians, the White Terror was a series of premeditated actions directed by their leaders, although this view is contested by others. White Terror in Russia is estimated to have killed about 300,000 people in total.

臺灣白色恐怖時期


臺灣白色恐怖時期,指中國國民黨主政的中華民國政府在臺灣進行的白色恐怖統治,期間從1949年5月20日至1991年5月22日為止。中華民國臺灣省政府主席兼臺灣省警備總司令陳誠頒布《臺灣省戒嚴令》,宣告自1949年5月20日起在臺灣省全境實施戒嚴。同年5月24日經由立法院三讀通過《懲治叛亂條例》,為針對中國共產黨叛亂的特殊狀況,防止中國共產黨在臺灣的擴散,但事實上,國民黨政府卻藉此「特別刑法」剷除異己、鞏固威權體制的領導中心,對於批評或反對國民黨者、持不同政見者(如主張臺灣獨立、左翼等等)進行整肅迫害,任意冠上意圖顛覆政權之罪名,將刑罰範圍極度擴張。臺灣警備總司令部等情治單位藉由特別刑法充當政府整肅異己的工具,罔顧基本人權、民主、自由等、無所不在隨時隨地監控人民,對言行可疑人士或持不同政見者炮製假案、予以扣上匪諜的帽子,在全國各地濫捕、濫殺、刑求毆打及沒收財產,造成大量的冤死、冤獄、傷殘,人民的生命、財產、健康,以及心靈上遭受嚴重損害。

The term "White Terror" in its broadest meaning refers to the entire period from 1947 to 1987. Around 140,000 Taiwanese were imprisoned during this period, of which from about 3,000 to 4,000 were executed for their real or perceived opposition to the Kuomintang (KMT, Chinese Nationalist Party) government led by Chiang Kai-shek. Most actual prosecutions, though, took place in 1950–1952. Most of those prosecuted were labeled by the Kuomintang as "bandit spies" (匪諜), meaning spies for Chinese communists, and punished as such.


Stasi

Das MfS wurde am 8. Februar 1950 gegründet und entwickelte sich zu einem weitverzweigten, personalstarken Überwachungs- und Repressionsapparat, dem im Jahr 1989 etwa 91.000 hauptamtliche Mitarbeiter und rund 190.000 Inoffizielle Mitarbeiter (IM) angehörten. Letztere wurden aus allen Bevölkerungskreisen, teilweise mit Druckmitteln, als Spitzel angeworben. Innenpolitisch hatte das MfS Schutzfunktion staatlicher Organe und Personen. Aus der DDR-Bevölkerung gerieten Menschen ins Visier des MfS, wenn Verdacht auf politischen Widerstand gegen die SED, Spionage oder Republikflucht bestand. Methodisch setzte das MfS dabei Observation, Einschüchterung, Inhaftierung, sowie die sogenannte Zersetzung gegen Oppositionelle und Regimekritiker („feindlich-negative Personen“) als Mittel ein. In den 1950er Jahren wurde in Stasi-Gefängnissen noch physische Folter angewandt, später wurde mit ausgeklügelten psychologischen Methoden gearbeitet. In den 1980er Jahren bildete die Stasi wiederholt Terroristen der Rote Armee Fraktion (RAF) im Umgang mit Waffen und Sprengstoffen aus.

One of its main tasks was spying on the population, mainly through a vast network of citizens turned informants, and fighting any opposition by overt and covert measures, including hidden psychological destruction of dissidents (Zersetzung, literally meaning decomposition). Its Main Directorate for Reconnaissance (German: Hauptverwaltung Aufklärung) was responsible for both espionage and for conducting covert operations in foreign countries.


COINTELPRO

COINTELPRO (a portmanteau derived from COunter INTELligence PROgram) was a series of covert, and often illegal, projects conducted by the United States Federal Bureau of Investigation (FBI) aimed at surveilling, infiltrating, discrediting, and disrupting American political organizations.
FBI records show that COINTELPRO resources targeted groups and individuals that the FBI deemed subversive, including anti-Vietnam War organizers, activists of the Civil Rights Movement or Black Power movement (e.g., Martin Luther King, Jr. and the Black Panther Party), feminist organizations, independence movements (such as Puerto Rican independence groups like the Young Lords), and a variety of organizations that were part of the broader New Left. White supremacist groups, such as the Ku Klux Klan, were also targeted.
FBI Director J. Edgar Hoover issued directives governing COINTELPRO, ordering FBI agents to "expose, disrupt, misdirect, discredit, neutralize or otherwise eliminate" the activities of these movements and especially their leaders. Under Hoover, the agent in charge of COINTELPRO was William C. Sullivan. Attorney General Robert F. Kennedy personally authorized some of the programs. Although Kennedy only gave written approval for limited wiretapping of Martin Luther King's phones "on a trial basis, for a month or so", Hoover extended the clearance so his men were "unshackled" to look for evidence in any areas of King's life they deemed worthy.


Retrieved from "Wikipedia" on June 19, 2017.

Wednesday, June 14, 2017

DVD『原子力戦争』

原作者・田原総一朗氏インタビューより

田原:東京電力が福島原発を作ったとき、そのときには、周囲の例えば浪江とか、あるいは大熊とか、あるいは双葉とか、こういった地域民を買収してるんですよ。・・買収なんですね。だから原子力が安全か危険かなんて論争が全然ない。・・その買収の実態と・・国と電力会社が、どうムラで癒着しているかは絶対秘密でしたから・・そこんとこを取材すれば、相当・・身の危険を感じました。現に脅迫メールもたくさん来ましたからね。

Tuesday, May 23, 2017

Rashke『カレン・シルクウッドの死』

Rashke, R. L., Miwa, T., & Inoue, R. (1984). Karen shirukuuddo no shi (The Death Of Karen Silkwood). Tōkyō: Shakai Shisōsha.

スルージーはシーハンとデイビスに向かって、最近ホテルに泊まっていた時、誰かが部屋に押し入ろうとした事件について話した。・・・その時シーハンはこれがわなだということに気付いた。・・・彼女が危険にさらされているといわせるように会話を持っていこうとしていたのだ。(p.212)

「組合の役員全員が、嫌がらせを受けていました。ひどい目に合わされていましたよ」
…スミスは答える。「カレンは嫌がらせされました。彼女のボス、ジェリー・シュレーバーが私に話してくれたんです。(p.232)


「従業員が反原発であるかどうか確かめるため、ただポリグラフにかけるだけでなく、他の方法も使っていた、というのはほんとうなんですね?」
「はい、そうです。」
「どういった方法だったか教えてくれますか?」
「面接です・・・一人ひとりです」(p.255)



Karen Silkwood Biography              

Sunday, May 7, 2017

Curtis, et al『原子力その神話と現実』

Curtis, R., Hogan, E. R., Takagi, J., Kondō, K., & Aki, Y. (2011). Genshiryoku sono shinwa to genjitsu (An examination of nuclear power's safety, economics, and political record). Tōkyō: Kinokuniya Shoten.

原子力―神話と現実

神話 原子力開発計画で死んだものはいない〕

 カレン・シルクウッドは・・一九七四年の半ばにカー・マギー[プルトニウム製造工場]の安全規則違反行為や不法行為に関するデータ集めを開始した。11月にはデータを集め終え資料を完成していたが、同じ頃彼女のアパートがプルトニウムで汚染していることも判明した。身の危険を感じたカレンは、一九七四年11月13日、UOCAWの幹部と「ニューヨーク・タイムズ」紙の記者に会おうとして出かけたが、約束の時間に現れることなく、メチャメチャに大破した車のなかで死体となって発見された。おまけに問題の資料は忽然と消え、いまなおみつかっていない。・・何者かに追突されたというのが民間の調査機関の結論だった。

・・彼女の遺族はカー・マギー社に対する民事訴訟で、史上最大の補償金二億ドルを最近かちとった。
不幸なことに、以上の例はけっして特異なケースではない。あまりにも多くの人々が原子力の犠牲になって死んでおり、これからももっと多くの人々が犠牲になるであろう。(p.68)


隠れる場所とてなく

  不注意や作為によって放射能の容器が破損して漏れ出すことの他にも・・紛失が起こるし、盗難も起こっているのだ。
・・・ L・グッドマンが六七年に語ったところによると、彼が作った表には当時すでに放射性の燃料カプセル八八本の紛失ないし盗難が挙げられている。


 紛失したものが見つかった例もある。一九六二年の三月、H・エスピンドラという名の少年が、メキシコ・シティの郊外のゴミ棄て場で遊んでいて、ある容器をみつけて、蓋をこじ開けた。なかには放射性コバルトのペレット七個が入っていたが、原子力技術者が以前に失くしたものだったろう。この容器は、エスピンドラの家の飾り物となった。四月一七日におばあさんのO・イバラが、台所のコップが着色しているのに気付いた。二九日に少年は死んだ。母親も七月一九日に死んだ。死因が判明し、カプセルは七月二二日に取り除かれた。しかし、その後も八月一八日に少年の姉が、一〇月一五日にはおばあさんが死んだ。(p.p.127-128)

 
 かつては極秘にされた原爆の製造法も、ずっと昔に公表されている。かつて数年間ペンタゴンの原爆設計・試験計画の責任者であった核物理学者T・テイラーが次のようにコメントしている。「私が最初の原爆を作ったときから、あまりに簡単に出来すぎることが私を悩ませていた」。
・・原爆を持たない国が秘密の施設で、横流しの物質を使って核兵器を作る可能性は、信頼できる筋が既に指摘していることだ。
 大学程度の物理学の知識があれば、初歩的な原爆を作り得ることは明らかだ。数年前、プリンストンの大学生が原爆の設計図を連邦政府に提出してこの点を立証した。(p.p.129-130)


Thursday, May 4, 2017

加藤久晴『原発・テレビの荒野 : 政府・電力会社のテレビコントロール』

Katō, H. (2012). Genpatsu, terebi no kōya: Seifu, denryoku-gaisha no terebi kontorōru. Tōkyō: Ōtsuki Shoten.

関西電力の監視

電力会社側に立って、堂々(?)と報道を監視している局もあった。
1972年当時の関西テレビ(フジテレビ系列)であるが、マスタールームには次のような掲示が、目立つように張りつけてあった。
「左記の三項目のニュースの場合、関西電力は番組提供を行わない。
1. 関西電力を含む電力会社の設備事故。
2. 加害者が関西電力の場合の人身事故。
3. 電力会社が公害訴訟ならびに損害賠償訴訟の被告となる場合。ただし、大阪府の公害対策審議会、関西電力側の公害対策に関する談話は含まない」」

当時、関西電力は、公害反対運動や原発反対運動の対策に頭を痛めていたので、こうした運動を扱ったニュースについては一切の報道まかりならぬ、ということなのだろう。(p.p.84-85)

**********************
なぜ助手のままなのか


記者が聞きにくいことを小出[祐章]氏に聞く。
「なんで先生は助手のままなんですか?」
「ここは京都大学という国立大学の一部なんです。日本政府は原発を推進しているので、国の機関にいる人間が国にたてついているのがあまりおもしろくないのでしょう」(p.208)


**********************
パージされる芸能人


[忌野清志郎は]1988年、『サマータイムブルース』を東芝レコードから出そうとしたところ発売中止を申し渡された。“原発いらねえ、ミルク飲みてえ”などの部分が引っかかったのだ。・・忌野清志郎が亡くなると、たくさんのラジオ局やテレビ局が追悼番組を放送したが、どの曲も『サマータイムブルース』を流していない。(p.p.226-227)

**********************
山本太郎を抑え込む構成


山本太郎は2011年4月9日のツイッターに、「黙ってテロ国家日本の片棒担げぬ」、と書き、反原発の意思表示をしたのだが、そのあと7月から出演予定のテレビドラマを降ろされ・・仕事は宣言以前と比べると10分の1に減った。それでも山本は活動を止めずチェルノブイリにも出掛けた。(p.p.229-230)

久保文明,有賀夏紀編著『個人と国家のあいだ : 家族・団体・運動』

Kubo, F., & Aruga, N. (2007). Kojin to kokka no aida: Kazoku dantai undō. Kyōto: Mineruvua Shobō.

謎めいた死を遂げた原子力発電所の告発者シルクウッド

大企業の恐ろしさと内部告発者が味わう不条理な苦難につき国民的理解の形成を助けるヒロインとなったのは、カレン・シルクウッドであった。
・・・一九七四年九月に、自身の数度にわたる被爆[原文ママ]体験や組合運動との関係もあって、シルクウッドは、自らが働くオクラホマ州の原子力発電所における職場の安全管理がきわめて悲惨なものであることを原子力エネルギー委員会で証言した。・・危険を冒してその証拠を集め、それを持って『ニューヨークタイムズ』の記者に会うために家を出たシルクウッドは、謎めいた自動車事故で死亡するに至った。彼女が携えていたはずの証拠が発見されなかったことは、その死因につき深い疑惑を残した。
(p.140)

Monday, April 24, 2017

鎌仲ひとみ『HIBAKUSHA』(Movie)

Kamanaka, H., Koizumu, S., Kawaida, H., Iwata, M., Iezuka, S., Heemann, C., & Group Gendai Films. (2006). Hibakusha: Sekai no owari ni. Tōkyō: Gurūpu Gendai.

"We will go to so called "Death Mile"in a minute, and I will explain to you the health histories of each one of those families in one mile. We are very close friends of mine.

My mother suffered cancer, my father died of cancer, my two sisters have been fighting cancer for ten years. I was parallized when I was a child. I had cnacer removed from my skin, we always had alergy problem of blood running out of noses, and uhh general poor health. My teeth fell off when I was five years old. I cannot remember all of them, but my health picture is covered in a book.

This farm from here is Mr. and Mrs. Lee. He died of cancer. She is fighting cancer right now, and they have four sons, and one of the boys is dead from cancer. That is all I know about him.

On the right hand side here, that house is gone also. A man named..uhh..Mr. Barth, they had a house right here with this road. There is no house any more now. Mrs. Barth gave birth to a deformed baby, and she drowned her baby in the bathtub, and committed suicide. She cut her wrist, and killed herself here. [バース夫人は奇形児を出産後、赤んぼうをふろで溺死させ、自分も手首を切り自殺した。]

And this lady here, Mrs. Holmes, she got bone cancer, and was really fast, that killed her really fast, and her little two daughters take thyroid medication. They do not live there anymore. All these people are gone." (Tom Bailey, Hanford, U.S.A.)
*********************

"My wife had thyroid cancer, too, and there is a problem with health in our family, you know. She had a surgery and cancer removed, but still suffers from medication through her thyroid defciency."
(Terry Bailey, Tom's brother, Hanford, U.S.A.)


[プルトニウム製造工場の風下で]テリーの作る牧草のおよそ半分が日本に輸出されています。[Half of the meadow that Terry produces down-wind of the plutonium factory is exported to Japan.]

**********************
肥田医師: [米軍占領中]広島の生き残った医者がね、たくさんの生き残った被爆者を診るのに病気がわからない。[放射能による病気について]、ABCC(原爆障害調査委員会)は、よく知っているわけだから、教えてくれって頼んむんだ。[でも]全然教えてくれない。

Dr. Hida (MD): ABCC (Atomic Bomb Casualty Commission) did not help us [in Hiroshima]. They examined only.
Tom Bailey: Only watching!? Watching and write on paper...not treating!? Wow! That makes me feel uncomfortable.


Dr. Hida: I was arrested four times [by the U.S. Occupational Army].
Tom Bailey: Four times!? By American Occupations? For asking for medical information [concerning radiation-caused diseases]?
Dr. Hida: Yes.
Tom: Wow!