Thursday, April 6, 2017

鎌仲ひとみ『六ケ所村ラプソディー』(Movie)

Kamanaka, H. (2008). Rokkashomura rapusodī

「核燃の反対運動をやってる人たちっていうのは・・あんまり理解されないんですよね。誰かから日当もらってやってるんじゃないかとか、赤とか、非国民とか、あと過激派とか(笑)。まじめに、あのう、警察からマークされたりしていたんですよね今もいるのかもしれないんですけど・・。そうじゃなくて、(核燃反対者は)ごく一般の人なんだということを知ってもらうためには、まず周りの人の目に見える形で生活していかないといけないだろうなって思いました。

 両親たちは[戦時中]すごく被害を受けたことばっかり言うけれども、でも、自分たちはその時、ただ戦争に協力してたとか、(反対もせず)何もしなかった。被害者だけじゃないんじゃないかっていうふうに思ったんですね。

 ・・今の放射能汚染っていうのは、戦争よりもっともっと地球規模の長い時間と広い範囲で汚染がずっと残るっていうことがわかってきて、戦争よりもっとずっと大人に責任があるんじゃないかって思うんですよね。・・故郷を・・チェルノブイリのようにしたくないなって思ったんですね。子供たちが帰ってこれないようなところにしたくないなって思って・・。」(六ケ所村・菊川さん)
**********************

 20年前[1986年][核燃施設建設を実力で強行する暴力装置として来た]機動隊に激しく抵抗していた坂井留吉さんです・・地元で仕事を探そうにも核燃に反対しているかぎり仕事がありません。息子や娘の就職のためにも、坂井さんといっしょに闘ってきた漁師たちは口をつぐんできました。それでも坂井さんは核燃反対をずっと貫いてきました。
**********************

 健康調査では、セラフィールドの近隣では小児白血病の発症率が通常の10倍になっていることがわかっています

「80年代に息子が白血病になってからセラフィールドに関わっています。子供の白血病が多発したので健康問題に関心を持ちました。[病気の]子供たちの父親のほとんどがセラフィールド[核燃施設]の従業員でした。・・人々は何も起きないうちは喜んで施設を支持していても、がんや放射線由来の病気になると疑問に思いはじめるのです。核施設の労働者も同様です。[彼らは]放射線と関係が疑われるがんや脳内出血を患っています。健康な時は気にしませんが病気になって初めて疑問を持つのです。」(Janin, Sellafield セラフィールド・ジャニンさん)
*************************

 "We fished when I was a crewman in the early 70's and middle 70's. You would also hear the stories of the things that grow at night, and Mann..catches shell fish and prwans with two heads, mutant fish. They said, before, [they were]common, you know. (70年代、漁船の乗組員だった頃、海底が不気味に光っていると噂されていた。頭が二つあるエビだとか臭い貝とか奇形の魚が当たり前にいたんだ)"(Henry, Sellafield セラフィールド・ヘンリーさん)


No comments: