Wednesday, June 14, 2017

DVD『原子力戦争』

原作者・田原総一朗氏インタビューより

田原:東京電力が福島原発を作ったとき、そのときには、周囲の例えば浪江とか、あるいは大熊とか、あるいは双葉とか、こういった地域民を買収してるんですよ。・・買収なんですね。だから原子力が安全か危険かなんて論争が全然ない。・・その買収の実態と・・国と電力会社が、どうムラで癒着しているかは絶対秘密でしたから・・そこんとこを取材すれば、相当・・身の危険を感じました。現に脅迫メールもたくさん来ましたからね。

1 comment:

n said...

Above is the excerpt from interview with Soichiro Tawara:

A well-known journalist, Soichiro Tawara, was blackmailed and threatened to death when he collected information on back-scratching alliance of government and the nuclear power company (TEPCO) in Fukushima, which bought local people off secretly with money.