Wednesday, April 6, 2011

"Social Psychology" Myers, David G 著

【「空気を読め」という圧力の恐ろしさ】
The Power of the Situation
Evil results from social forces.  Situations can induce ordinary people to capitulate cruelty..…the most terrible evil evolves from a sequence of small evils.  German civil servants surprised Nazi leaders with their willingness to handle the paperwork of the Holocaust.  They were not killing Jews, of course; they were merely pushing paper.  When fragmented, evil becomes easier (208).
【訳】悪は社会的な力によって生まれる。場の空気に呑まれて平凡な人びとが残酷になる・・実に酷い凶悪行為も小さな悪行の積み重ねからなる。ホロコーストを遂行するための事務手続きを自ら進んで行なったドイツ人公務員らの積極性はナチス党の高官たちを驚かせた。もちろん彼らはユダヤ人を殺していたのではなく、事務処理を進めていただけである。悪行も分業すればやりやすくなるのだ。
【アイヒマン実験】Milgram’s Obedience Experiment
(Milgram) examined the conditions that breed obedience.  When he varied the social conditions, compliance ranged from 0 to 93 percent fully obedient.  Four factors that determined obedience were the victim’s emotional distance, the authority’s closeness and legitimacy, whether or not the authority was part of a respected institution, and the liberating effects of a disobedient fellow participant (201).

Closeness and Legitimacy of Authority
The reported 70 fast-food restaurant managers in 30 states..between 1995 and 2006, complied with orders from a self-described authority, usually posing as a police officer.  The supposed officer described a generic employee or customer.  Once the manger had identified someone fitting the description, the authoritative-sounding caller gave an order to stripsearch the person to see if he or she had stolen property.  One male Taco Bell manager in Arizona pulled aside a 17-year-old female customer who fit the description and, with the caller giving orders, carried out a search that included body cavities.  After forcing a 19-year-old female employee to strip against her will, a South Dacota restaurant manager explained explained that “ I never wanted to do it….I was just doing what he told me to do.”(204)
【大意】犯罪捜査当局を自称するものが(その多くは警察官のフリをし)、ファーストフード店のマネージャーに、一般店員や客のなかに「こういう特徴のあるものがいないか」と問い合わせ、訊かれたマネージャーが該当する店員や客に思い当たると、さらにその問い合わせの特徴に該当する者が店のものを盗んでいないか服を脱がせて調べるように電話で指示するという事件が全米30州の約70店舗で起こった。アリゾナ州のとあるタコベル店舗のマネージャーは、特徴がマッチする17歳の女性客を店の奥へ連れ込み、本人の意思に反して裸にし、電話での指示を受けながら、肛門まで開いて調べる検査を行なった。
In another incident, a McDonald’s manager received a call from an Officer Scott” who described an employee he said was suspected of purse stealing….over her 3 ½ hours of humiliating detention, the requests became progressively more bizarre, including sexual contact with a male.  The traumatized teen sued McDonald’s (204).
【大意】あるマクドナルド店舗のマネージャーは、スコットという名の警官を名乗る者から電話を受け、財布を泥棒した疑いがあると言う店員の特徴を告げられた。そのマネージャーは特徴が該当する18歳の女性を事務所へ連れ込み、電話の指示で三時間半に及ぶ屈辱的な取調べを行なったあげく、電話の声の要求はどんどん異様なものへとエスカレートし、男性の恥部へ性的行為を行なわせるにまで及んだ。トラウマとなったこの女の子はマクドナルドを訴え6百10万ドルの賠償を得た。
Reference:
Strip search prank call scam,”  Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Strip_search_prank_call_scam
マクドナルド少女強制ストリップ事件 実録映像(米 ABC放送)
Opie & Anthony - Louise Ogborn McDonalds Security Tape

video
Behavior and Attitudes  【行動と心的態度】
Recall step-by-step entrapment of the foot-in-the door phenomenon as we compare this hypothetical experiment to what Milgram’s participants experienced…By the time they delivered 330 volts, the participants had complied 22 times and redused some of their dissonance…Ditto the fast food restaurant managers in the strip research scam, after they complied with initially reasonable-seeming orders from a supposed authority…External behavior and internal disposition can feed each other, sometimes in an escalating spiral.  Thus, reported Milgram:
 
Many subjects harshly devaluate the victim as a consequence of acting against him.  Such comments as, “He was so stupid and stubborn he deserved to get shocked,” were common.  Once having acted against the victim, these subjects found it necessary to view him as an unworthy individual, whose punishment was made inevitable by his own deficiencies of intellect and character.

        During the early 1970s, Greece’s military junta used this “blame-the-victim” process to train torturers.  There, as in the earlier training of SS officers in Nazi Germany, the military selected candidates based on their respect for and submission to authority.  But such tendencies alone do not make torturer.  Thus, they would first assign the trainee to guard prisoners, then to participate in arrest squads, then to hit prisoners, then to observe torture, and only then to participate it.  Step by step, an obedient but otherwise decent person evolved into an agent of cruelty.  Compliance bred acceptance.
            As a Holocaust survivor, University of Massachusetts social psychologist Ervin Staub knows too well the forces that can transform citizens into agents of death…Too often, criticism produces contempt, which licenses cruelty, which, when justified, leads to brutality, then killing, then systematic killing.  Evolving attitudes both follow and justify actions. Staub’s disturbing conclusion:”Human beings have capacity to come to experince killing other people as nothing  extraordinary (207).

      *********************************
Displacement:「八つ当たり」の用語定義)

The redirection of aggression to a target other than the source of the frustration.  Generally, the new target is a safer or more socially acceptable target.
(p.360)

欲求不満から起こる攻撃心
Aggression as a Response To Frustration
    Displacement occurs in an old anecdote about a man who, humiliated by his boss, betrates his wife, who yells at their son, who kicks the dog, which bites the mail carrier (who goes home and betrates his wife…).  When a person is harboring anger from a prior provocation, even a trivial offense—one that would normally produce no response—may elicit an explosive overreaction (as you may realize if you have ever yelled at your roommate after losing money in a malfunctioning vending machine) (360).

スケープゴート理論
Frustration and Aggression: The Scapegoat Theory
  Targets for displaced aggression vary.  Following their defeat in World War I…many Germans saw Jews as villains.  Long before Hitler came to power, one German leader explained: “The Jew is just convenient…If there were no Jews, the anti-Semites would have to invent them.”  In earlier centries people vented their fear and hostility on witches, whom they sometimes burned or drowned in public.  In our time, it was those Americans who felt more anger than fear after the 9/11 attack who expressed greater intolerance toward immigrants and Middle Easterners.  Passions provoke prejudice (325).

**********************************
【扇動された恐怖心の利用】
The Effect of Arousing Fear 
  Vivid propaganda often exploits fears.  When feeling frightened or threatened, people tend to become more responsive to a controversial, charismatic leader.  The Nazi newspaper Der Sturmer aroused fear with hundreds of unsubstantiated anecdotes about Jews who were said to have ground rats to make hash, seduced non-Jewish women, and cheated families out of their savings.  Streicher’s appeals, like most Nazi propaganda, were emotional, not logical.  The appeals also gave clear, specific instructions on how to combat “the danger”: They listed Jewish businesses so readers would avoid them, encouraged readers to submit for publication the names of Germans who patronized Jewish shops and professionals, and directed readers to compile lists of Jews in their area (242).

**************************
共有地のジレンマ理論
video
関連動画:まんが日本昔話し 「油のでる山」

Social Dilemma: Tragedy of Commons
The “commons” is any shared resource, including air, water, energy sources, and food supplies.  The tragedy occurs when individuals consume more than their share, with the cost of their doing so dispersed among all, causing the ultimate collapse – the tragedy – of the commons(487).

*********************************
非道な行為も繰り返すほど抵抗なくなる
Evil and Moral Acts 
  A trifling evil act can whittle down one’s moral sensitivity, making it easier to perform a worse act…it is not as difficult to find a person who has never succumed to a given temptation as to find a person who has succumed only once.  After telling a “white lie” and thinking, “Well, that wasn’t so bad,” the person may go on to tell a bigger lie.
   Another way in which evil acts influence attitudes is the paradoxical fact that we tend not only to hurt those we dislike but also to dislike those we hurt.  Several studies found that harming an innocent victim – by uttering hurtful comments or delivering electric shocks – typically leads aggressions to disparage their victims, thus helping justify their cruel behavior.  This is especially so when we are coaxed into it, not coerced.
          The phenomenon appears in war time.  Prisoner-of-war camp guards would sometimes display good manners to captives in their first days on the jobs, but not for long.  Soldiers ordered to kill may initially react with revulsion to the point of sickness over their act.  But not for long.  Often they will denigrate their enemies with dehumanizing nicknames.
            Attitudes also follow behavior in peacetime.  A group that holds another in slavery will likely come to perceive the slaves as having traits that justify their oppression. Prison staff who participate in excecutions experience “moral disengegement” by coming to believe (more strongly than do other prison staff) that their victims deserve their fate.   Actions and attitudes feed one another, sometimes to the point of moral numbness. The more one harms another and adjusts one’s attitudes, the easier harm-doing becomes. Conscience is corroded (136-7). 

   Myers, David G.  Social Psychology. 10th ed. New York: McGraw-Hill, 2010.

6 comments:

n said...

【本文関連記事】

『拝啓 日本のギャングストーカー犯罪者の皆様』より抜粋

9-4【犯罪に関わっている者たちの証言】Nの母親その2

<家庭教師の生徒だったNの母親> 続き

 一連の被害の概要を話し、これが「被害妄想」で自分は「病気」だと思うか
という疑問をストレートにぶつけると、はっきり
「いいえ、病気じゃありません」
と言い、それぞれの嫌がらせやほのめかしについて
「(ひとつひとつ)それがどういう意味なんか、よう考えることです」
と語った。それが犯罪組織からの意図を託したメッセージになっているという
意味らしい。

  また2000年秋にJR下関駅に車で突っ込み通り魔事件を起こした者も、
同じ集団ストーキング犯罪の被害者だったのではないかと指摘すると、
やおら笑いながら
「ああ、あ・れ・はァ本当に病気だったんですよ、あははは」と語ることで
逆説的に私の話す内容については病気(妄想)ではないことを認めた。

  そして集団による人海戦術的なつきまといに加え、ハイテク凶器を使用した
電気ショックのような危害などもあることを話すと、呆れたような顔で
「まあっ、そんなことまでやるんですか」と驚いていた。この犯罪について
知っていることをできるだけ聞きだそうと尋ねた際も彼女はまず最初に
「私も全部は知らんのですけどね・・・」と前置きしながら話し始めたが、
この母親とは丸3年間にわたって接してきたので、私にはそのときの彼女は
本当のことを言っているのがわかった。これによって明らかなことは、

①犯行を教唆する者と実行犯とが完全に分業し、また実に多くの犯罪協力者を
 動員することで「他にも大勢やっているんだから大丈夫だろう」というふうに
 罪悪感を分散させる。同じ手法はオウム真理教のテロでも見られ、教祖は
「自分は指示しただけで実際は手を下していない」と言い逃れ、実行犯のほうは
「指示されたとおりのことやっただけで殺意はなかった」などと、やはり責任を
なすりつけあったのと全く同じ構造をなす
・・という手法がとられているという事実である。

しかし、末端の犯罪協力者たちに自覚があろうとなかろうと、彼らの危害により
被害者は実際に自殺する、心身を患う、あるいは自他の命に関わる深刻な
事件・事故を起こす、などしている。特に「自殺」に関しては、
大衆をマインドコントロールできる機器の敷設が秘密裏に日本全国に、
いきわたったとされている90年代後半から、「自殺者」数が毎年、万単位まで
増え、こんにちに至るまで高止まりしているという異常な事態が続いているのも、
もちろんこの犯罪と無関係ではない。集団ストーカー犯罪者さえいなければ、
自殺など考えもしなかった人が「自殺」すれば、これは紛れも無く人殺しである。
当然「人殺し」をやらせた者も「人殺し」であるが、ほとんどの末端犯罪協力者は
自分が人殺しという凶悪犯罪に加わった事実を自覚していないようだ。
  

ほかにも平凡な大衆が集団ストーキング犯罪に与するようになる背景には、

②被害者は入れ替わり立ち代り不特定多数から文字通り一年365日、
 酷い嫌がらせをされることで、その被害者が毎日受ける一回ごとの苦痛が
 どれほど相乗的に辛さを増すのかなど、「被害者がかわいそう」と思うような
 情報は末端の大衆ストーカー犯罪者にも隠している。
 すなわち、この組織犯罪全体を鳥瞰した全体像は末端の犯罪協力者には
 一切知らせず、(犯罪に協力している)末端各人が自分の犯行は
 「これ一回くらい、べつに、たいした嫌がらせではないし」
  と罪悪意識を感じないで犯罪を楽しむようにマインドコントロールしている。

③被害者救済団体の調査や多くの被害者の証言、また英語圏の国では逮捕者も
出たことで明らかになっているとおり、標的にされている被害者が悪人かのような
デマを流し、危険人物にでっちあげることによって被害者にはもともと罪もないのに、
まるで嫌がらせを受けて当然の人物であるかのように周囲の犯罪協力者たちを
洗脳していくという手法が大衆に対して行なわれていることが覗える。

 
   さらにこの母親は「相手より上に立たんにゃ(立たないと)ダメですよ」と
よく言っていた。 相手の考えや行動を一方的にノゾキする立場になると、
もうそれだけで人は、覗かれている相手(被害者)より“上にたっている”妄想が
起こる。そしてその妄想にいつまでもしがみついていたい欲求が、
さらなるガスライティング犯罪へと駆り立てる。
このようにして末端の大衆ストーカーらはプライバシーの窃盗、侵害、ストーキングなどの
一連の変態行為を、微々たる見返りで自発的に参加、継続していく原動力に
しているようである。

   とは言っても、この犯罪に関与している者はあまたいるなかで、
そのほとんどは自らのガスライティング行為についてや
このような犯罪組織が存在することすら一切認める勇気はなくスットボケて逃げるなかで、ちゃんと認めた点だけは立派だといえる。

http://americanobotsuraku.blog132.fc2.com/blog-entry-25.html

n said...

英語圏の集団ストーキング犯罪被害者の救済団体が作成したサイトに、一般大衆がいかにたやすく集団ストーカー犯罪に協力してしまうか解説したビデオがいくつか紹介されています。
ここでも「警察の権威をちらつかせる」手口が指摘されています

http://gangstalkingworld.com/obedience-to-authority/

n said...

Displacement: Gangstalkers use the victim as a "safer target" to redirect their frustration at since police never arrest gangstalkers.

n said...

Milgramのアイヒマン実験に関連した動画:
"TI's#32"
http://youtu.be/PJqMcafwFJ8
from 5:15, "Gangstalkers themselves are experimental subjects to see how to motivate people to engage in anti-social activities directed to the target."
動画のなかでも触れていますが、ご存知の通り
このギャングストーキング犯罪はMKウルトラなどの系譜につらなる税金を使った大衆マインドコントロール実験にほかならない。

そして注目すべきは被害者はもちろんのこと、被害告発を「精神病による妄想だ」とでっちあげ、この人体実験犯罪を隠蔽するための工作、すなわちギャングストーカー犯罪の参加者達もまた「実験対象」であり、彼らのサイコパス的心理状態をも観察していることがはっきり指摘されている。

いわく、ターゲットをつぶすためにいかに大衆を洗脳して
反社会的な行動をとらせるよう扇動できるかを試している、と。

n said...

【扇動された恐怖心の利用】
The Effect of Arousing Fear 
Vivid propaganda often exploits fears. When feeling frightened or threatened, people tend to become more responsive to a controversial, charismatic leader. The Nazi newspaper Der Sturmer aroused fear with hundreds of unsubstantiated anecdotes about Jews who were said to have ground rats to make hash, seduced non-Jewish women, and cheated families out of their savings. Streicher’s appeals, like most Nazi propaganda, were emotional, not logical.
米国内のシナ系住民には、本国シナ政府が刷り込む著しく偏った人種偏見(特に日本人に対して)を集団ストーキング犯罪を行なう動機にしている者も多々見られる。以前住んでいた所の隣の家のシナ系集団ストーカーは自らの犯罪を追及されると「日本人は中国人を殺した」と支離滅裂な言い訳をし、またフィットネスジムでよくつきまといや仄めかしをしてくる不動産屋のシナ系集団ストーカー中年男は「日本人はシナ人をホロコーストした」という本国政府の垂れ流しているデマを興奮気味に訴えた。

超長期にわたる共産党独裁というファシズム体制の本国よりは多少は学問、思想、良心の自由があるアメリカにおいても彼らは学問的な真実を調べ、自らの偏見・差別意識を是正しようとする努力も勇気もなく、ただ嬉嬉として人種差別を動機に集団ストーキングを行い、不満の捌け口にしている。

n said...

""Social Psychology" Myers, David Gはアメリカの大学の社会心理学の授業で広く使われている教科書だが、この本にも載っている
「コモンズの悲劇」理論は、集団ストーカー犯罪が一般市民に広く蔓延する過程にも当てはまることを指摘するアニメを見つけましたのでご報告いたします

WIKI:
"コモンズの悲劇(英: The Tragedy of the Commons)"とは、多数者が利用できる共有資源が乱獲される­ことによって資源の枯渇を招いてしまうという経済学における法則­。共有地の悲劇ともいう。...実際にコモンズの悲劇が起こるの­は、その共有地がオープンアクセスの場合に限られる。行政政策と­して、希少資源の獲得など正の外部性(外部経済)の場合は、有償­で利害関係者に所有権或いは独占権を与えて管理させる事によって­、コモンズの悲劇を防ぐ事が出来る。例えば、電波利用について、­政府が電波使用料の徴収と引き換えに、特定事業者に電波帯域の独­占使用を認めさせることである。


【アニメで学ぼう!集団ストーカー犯罪者の心理】
まんが日本昔話し「油のでる山」(上記本文の「共有地のジレンマの項に掲載)

*物語の中の「油」を「他人のプライバシー情報」に置き換えて作品を見ると集団ストーカー犯罪の社会的な問題性がよく理解できる。

 「対テロ・防犯パトロール」などを偽装し、人の脳内の活動までを­も遠隔からモニターする装置で窃盗した他人のプライバシーを濫用する集団ストーカーとよばれる­権力犯罪に、一般市民が自発的に協力するようになる心理過程とも­類似性がある。「少しくらいのやりすぎは大丈夫だろう」が、共通­した思考