Thursday, November 11, 2010

マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』

マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」

2008年7月 8日 David Hambling


米軍が初期開発に資金を拠出していた、マイクロ波を使って脳内に音を作り出す非殺傷型兵器。しかしその完成品は、筆者が『New Scientist』誌で報じたとおり、戦場での活躍が想定される一方で、ショッピングモールで利用される可能性も秘めている。
このプロジェクトは、「耳に聞こえない音を使った暴徒の抑止」(Mob Excess Deterrent Using Silent Audio)の頭文字を取って『MEDUSA』と呼ばれる。

・・・・Sadovnik博士はそのほか、次のような興味深い提案もしている。高出力で耐えがたいほどのノイズを作り出すのではなく、低出力で意識的に知覚できないほど小さなささやき声を送り込めば、潜在意識のレベルで標的に影響を与えるのに利用できるかもしれない、というのだ。
指向性のあるビームを、店内プロモーションのようなターゲットを絞ったメッセージに利用するわけだ。さらにSadovnik博士は、意識的には聞こえない情報を照射するサブリミナル広告の可能性も示唆している(米陸軍の「Voice-to-Skull」(脳内音声)技術に関するウェブページ(日本語版記事)でも見受けられた概念だ)。

[日本語版:ガリレオ-緒方 亮/高橋朋子]

1 comment:

n said...

Original Text:

Microwave ray gun controls crowds with noise

03 July 2008 by David Hambling

For similar stories, visit the Weapons Technology Topic Guide
A US company claims it is ready to build a microwave ray gun able to beam sounds directly into people's heads.

The device - dubbed MEDUSA (Mob Excess Deterrent Using Silent Audio) - exploits the microwave audio effect, in which short microwave pulses rapidly heat tissue, causing a shockwave inside the skull that can be detected by the ears. A series of pulses can be transmitted to produce recognisable sounds.

The device is aimed for military or crowd-control applications, but may have other uses.

Lev Sadovnik of the Sierra Nevada Corporation in the US is working on the system, having started work on a US navy research contract. The navy's report states that the effect was shown to be effective.

http://www.newscientist.com/article/dn14250-microwave-ray-gun-controls-crowds-with-noise.html#.U2CYb4GSxRI