Thursday, March 27, 2014

井形正寿『「特高」経験者として伝えたいこと』

Igata, Masatoshi. "tokkō" Keikensha to Shite Tsutaetai Koto. , 2011. Print.

 (戦後)私は福島区で原爆展をやるという運動に加わっていた。そこに公安の者が来てこう言った。「占領下で原爆展やるいうのはアメリカ人に対する挑発です。どうしてもやるなら、あんたらをウィロビー少将覚書違反で逮捕することになる。井形さん、あんたも特高におったんやからわかるでしょう。それを覚悟でやるんですか」。GHQは、日本の民主化を進めるためにいたはずだが、一面で占領政策に都合の悪いことは厳しく取締った。・・・結局、その時は原爆展を開くことはできなかった。(p.p.147-148)

2 comments:

n said...

Related Article:
ナチス・ドイツにおける住民の警察化 : 日独比較史の観点から
Verpolizeilichung der Bevölkerung im Nazionalsozialistischen Deutschland im Vergleich mit Japan
矢野, 久(Yano, Hisashi)
慶應義塾経済学会
Abstract:
20世紀には世界戦争や民族虐殺のような破局的な暴力が噴出した。この暴力の噴出において広義の警察機構がこの暴力の最先端で機能していた。しかし現代社会においても監視と規律化が最重要な課題の一つとされ, テロル・暴力に対して国家の暴力独占は正当化されているようである。現代における国家の暴力は, 歴史的にみると, ナチスの暴力実践とどのような位置関係にあるといえるのか。比較史の観点から, ナチス・ドイツの警察による住民支配のあり様を20世紀ドイツ史の中に位置づけて考察する。

n said...


By ひろ×3 (東京都) -(トップ50レビュアー)

レビュー対象商品: 『洗脳支配ー日本人に富を貢がせる
 マインドコントロールのすべて (単行本(ソフトカバー)』

この本によって新たに知った事実は・・・警察庁で、
「Aが駄目だと言っている」と言われたら、
それは「アメリカが駄目だと言っている」という意味で、
そのような場合は捜査がただちに中止されるということだ。

アマゾンドットコムの書評引用終わり

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4828414126/ref=cm_cr_dp_synop?ie=UTF8&showViewpoints=0&sortBy=bySubmissionDateDescending#R20VDTKS7PM4J8