Friday, May 18, 2012

"Life and Death in Shanghai"『上海の長い夜』

Cheng, Nien. Life and Death in Shanghai. New York: Grove Press, 1987.
上海の長い夜 : 文革の嵐を耐え抜いた女性の物語. 鄭念著 ; 篠原成子, 吉本晋一郎訳 ; , . 原書房, 1988.

video

Suddenly I was startled to see the group of Red Guards right in front of me seize a pretty young woman. While one Red Guard held her, another removed her shoes and a third one cut the legs of her slacks open. The Red Guards were shouting, “Why do you wear shoes with pointed toes? Why do you wear slacks with narrow legs?” “I am a worker! I’m not a member of the capitalist class! Let me go!” The girl was struggling and protesting. In the struggle, the Red Guards removed her slacks altogether, much to the amusement of the crowd…The same Red Guard seized a young man and shouted, “Why do you have oiled hair?”…I saw that they (the Red Guards) were seizing women with permanent waves and cutting her hair off (65-6).

突然私の目の前で、紅衛兵の一団が若いかわいい女性を捕まえたのを見て、ビックリした。一人が女性を抑え、もう一人が彼女の靴を脱がせ、もう一人が彼女のスラックスを切った。紅衛兵たちは大声で言った。「なんであんたは先のとがった靴をはいているんだ。どうして先の細いズボンをはいているんだ」「私は労働者です。資本階級の一員ではありません。行かせてください」女性はもがいて抗議した。やりあっているうちに、紅衛兵は彼女のズボンを全部はぎとってしまった。周りをとり囲んでいたヤジ馬は面白がって笑い、やじった。・・・同じ紅衛兵が若い男性を捕まえて叫んだ。「なんで頭にポマードをつけてるんだ」(p80)紅衛兵がパーマをかけた女性を捕まえ、髪の毛を切っているのを見た(p82)


(The Red Guards) seemed to be blissfully happy in their work of destruction because they were sure they were doing something to satisfy their God, Mao Zedong (73).

破壊という自分たちの仕事をしている紅衛兵たちは、とても楽しそうであったp.90

video

“We are the Red Guards. We have come to take revolutionary action against you!” “It’s against the Constitution of the People’s Republic of China to enter a private house without a search warrant.”  “The Constitution is abolished.”  “Only the People’s Congress has the power to change the Constitution,” I said. “We (The Red Guards) have abolished it (71).”  

「われわれは紅衛兵である。あなたに対して、革命的な行動をとるために来た」「捜査令状なしに個人の家に入るのは中華人民共和国の憲法に反しています」「憲法は廃止だ」「全国人民代表だけが、憲法を改正する権限をもっています」と私は言った。「われわれ(紅衛兵)が廃止したんだ」(p88)


“Incredible! It’s incredible! You know what I found when I went home? They are looting my house! How can they do this? My father and grandfather are both workers.”…The young man was full of indignation and almost in tears (87).

「(ある紅衛兵が嘆いて言う)信じられないよ。奴ら(他の紅衛兵ら)は僕の家を荒らしてるんだ。僕の両親は二人とも(敵のブルジョワではなく、同じ)労働者だぜ」(p.108)


“I’ve never committed a crime in my whole life,” I said firmly.  “If you have not committed a crime, why are you locked up in prison? Your being here proves you have committed a crime.”  His logic appalled me. It was based on the assumption that the Party and the government could not be mistaken (140).

「私はこれまで罪など犯したことはありません」と私はきっぱり言った。「もし罪を犯していないなら、なんで看守所に拘留されとるんだ?ここにいるということは、あんたが罪を犯した証拠じゃ」看守の論理に私は驚いた。それは、党や政府が間違うはずがない、という仮定に基いていた。(p176)

video

If he (Mao Zedong) says a certain type of person is guilty and you belong to that type, then you are guilty. It’s much simpler than depending on a lawbook.” He (the guard) said (141).


あるタイプの人間が有罪だと毛主席が言って、あんたがそのタイプに属しているなら、あんたは有罪だ。法律書に基づくより、ずっと簡単さ」と看守は言った。(p177)


He (the interrogator) hoped to confuse me, to overcome my resistance with a combination of threats and arguments…. The interrogator was trying to instill in me a feeling of guilt (151).  


取調官は私を混乱させ、威しと議論の両方で私の抵抗をやめさせたいと思っていた。・・取調官は私に罪の意識を植えつけようとしていた。(p191)


In public places, there were always policemen and uniformed sentries, as well as plain-clothes operatives working for the police and zealous activists eager to report any unusual behavior. Personal privacy did not exist in Shanghai as it does in other cities of the world (168). 


衆人環視のなかでは、いつも警官や制服組の見張り番がいたし、警察に協力する覆面市民や、通常と異なる行動があればすぐ通報する熱心な活動家もいた。世界の都市にあったような個人のプライバシーは、上海には存在しなかった。(p213)

2 comments:

n said...

I wrote a research paper on the Cultral Revolution and its mob mentality which title is [The Cultural Revolution and its Propaganda Methods]

I posted it at:『拝啓 日本のギャングストーカー犯罪者の皆様』~カリフォルニアからの伝言 "Dear Gangstalker criminals in Japan."

The mentality of the Red Gurads who were formed during the Cultral Revolution had a lot in common with that of COINTELPRO perps today. Why could not the world largest population of Chinese stop such ridiculous, unproductive acts of a small number of propaganda prompters at earlier stage? Why could not they use their energy in a constructive way? What can we learn from their history?

Unless we sincerely tackle these questions, history will repeat itself as old saying suggests. I hope you will not regret when this whole country of COINTELPRO/mass mind control is liberated from the current “mass-insanity.”

n said...

歴史学の授業で書いた文化大革命に関する小論[The Cultural Revolution and its Propaganda Methods]を『拝啓 日本のギャングストーカー犯罪者の皆様』~カリフォルニアからの伝言 "Dear Gangstalker criminals in Japan"に掲載しています。

http://americanobotsuraku.blog132.fc2.com/blog-entry-65.html

紅衛兵となって暴虐の限りを尽くした中国人暴徒と、集団ストーカー犯罪をやる現代の大衆の心理には驚くほど共通点がありました。

論文趣旨:
「先学期とった映画学のクラスで“ビートルズマニア”現象について学んだが今学期とっている歴史学で書くことになった文化大革命は奇しくもビートルズと同じ時代に起こっていた。ビートルズと毛沢東では似ても似つかないが、若者が熱狂したという点は同じ。では、どうして、またどのようにして中国の若者は毛沢東崇拝にのめり込んでいったのか?そこには巧みなプロパガンダ戦術があった。
プロパガンダは大衆とくに若者の破壊衝動に火をつけることにおいては確かに機能した。しかし実際には何ら建設的な価値は創造していない。文化大革命当時は騙しや裏切りの連続で家族の絆さえ破壊されていった。そんななか若者の新しい国づくりにかける情熱だけはまやかしには見えなかった。では、なぜそのエネルギーをもっと建設的なことにつかえなかったのか?世界最大の人口の中国人が何故、プロパガンダを操る一握りの人間を止められなかったのか?これらの疑問に真摯に取組まないかぎり歴史は繰り返されるだろう」