Saturday, October 29, 2011

学習性無力感 [英]Learned Helplessness他

Russell A. Powell, et al.  Introduction to Learning and Behavior, 3rd Edition. 2009

"Masserman’s Experimental Neurosis"「実験神経症」
As a general rule, traumatic symptoms are more easily induced in animals when the aversive stimulus is delivered in an environment that the animal has long associated with safety or some type of appetitive event.  For example, unpredictable shocks delivered in a setting in which the animal typically eats food are especially likely to induce neurotic symptoms (Masserman, 1943).  This suggests that symptoms of PTSD are more likely to arise when a person is, for example, unexpectedly attacked in the safety of his or her own home as opposed to a strange or dangerous area of town.  The person who is attacked at home generalizes the experience and perceives the world at large as a dangerous, unpredictable place, with the resultant that he or she thereafter remains constantly vigilant (369). 
 

"Learned Helplessness"「学習性無力感」
Learned Helplessness has also been related to certain forms of depression (Seligman, 1975).  People who suffer a series of uncontrollable aversive events – loss of a job, pysically illness, divorce, and so on – may become extremely passive and despondent.  Like animals exposed to inescapable shock, they show little interest in improving their lot in life (366).
Researchers have discovered a way to eliminate learned helplessness...behavioral treatments for depression often involve encouraging the patient to accomplish a graded series of tasks, starting with relatively minor task, such as writing a letter, and progressing to more difficult tasks, such as seeking a new job (Seligman, 1975).
Researchers also suggested…that a history of successfully overcoming minor adversities might immunize a person against depression when the person is later confronted by more serious difficulties (366-7)
video
 (Experiment of  Learned Helplessness by Nixon, Ph.D Developmental Psychologist at Penn State)

"Sensitizatization"鋭敏化」
Sensitizatization is an increase in the strength of an elicited behavior following repeated presentations of the eliciting stimulus.  For example, soldiers under attack generally do not habituate to the sound of artillery shells exploding nearby.  Instead, their startle reaction grows stronger.  Needless to say, this greatly contributes to the stress they experience and the inevitable breakdown virtually all soldiers suffer after repeated exposure to battle conditions (though Hollywood would often have you think otherwise)(97).


Watson and Rayner’s “Little Albert” 「アルバート坊や実験」

The importance of classical conditioning and overgeneralization in the development of phobia was first noted by John B. Watson and his student Rosalie Rayner.…they attempt[ed] to condition a fear response in an 11-month-old infant named Albert.

   Watson and Rayner (1920) paired the loud noise with the white rat (Neutral Stimulus).  Albert “jumped violently and fell forward, burying his face in the matress”...Albert was then subjected to further pairings of the rat with noise, during which he became more and more fearful. 

   Albert showed not only a fear of the rat but also of objects that were in some way similar to the rat, such as a rabbit, a fur coat, a dog, and even a Santa Claus mask.  In other words, Albert’s fear response had generalized to objects that were similar to the original CS (conditioned stimulus). 

  By contrast, real-life phobias usually require only one paring of the US (unconditioned stimulus) with the CS to become established, and they often grow stronger over time (182-5).  

   


Latent Inhibition
    The phenomenon whereby a familiar stimulus is more difficult to condition as a CS than is an unfamiliar (novel) stimulus (151).
           

9 comments:

n said...

パサディナ市大に通ってい頃、私が用を足す際、大小便器とも横一列に十個以上もあるのに、必ず30秒以内にパープ(集団ストーカー実行犯を指す英語圏での俗称)が両側に来て用を足す。他に誰もいないのに真横でだ。この変態らの前世は馬糞にたかる蠅だったからだろうと思っていたが他にも理由があるようだ。

Middlemist, et al,1976 の実験にparuresis(Shy Bladder Syndrome)というのがあるようにトイレ時は誰でも最もプライバシーやパーソナルスペースを侵されたくない場のひとつだ。集団ストーカーが特にそれを好んで侵害するのも、実験神経症の考察にある通り、本来安全であるべき場のほうが被害者にPTSDを発症させやすいからに他ならない。

n said...

  2011年7­月12日午前1時5分ころ、 カリフォルニア州Temple Cityの
一軒家のトイレで男のTI(集団ストーカー被害者)である筆者がクソを垂­れている間ずっと家の前でPerp(集団ストーカー犯罪者の俗称)が機­械を使って覗き見している。
こんな深夜にもかかわらずだ。

さらにクソを垂れるのを ノゾキ見していることをわざと本­人に知らせるためにクソが終わるタイミングに合わせて 大声を出したり、車­のエンジンを掛けたり切ったり、何か決まった音を毎回たてる。
しかも、この日だけでなく毎日毎回­である。

またこの一ヶ月ほどは、警察や消防の車が
毎日やってきて、特に夜中の午前1時前後に、 サイレンをちょうど家の前から鳴らし始め、 それもわざとやっているのがわかるように、1秒ごと小刻みに切ったり鳴らしたりを
5回くらい繰り返して去っていく。

精神のまともな皆さんにはとても信じられないだろうが、公務員も含めたこ­んな変態が(実際に数えたら)日に40~50人は、つきまとってくるのが 現代ロサンゼルス近郊で­は普通になっている

『拝啓 日本のギャングストーカー犯罪者の皆様』所収 "巨大な精神病院"

n said...

心理学者FoaらはMasermanの実験神経症実験をさらに考察し、本来なら安らげるべき場所(家の中)や食事など楽しめるはずの事をしてる間を狙って嫌がらせを加えるとPTSDを発症しやすいことを発見。集団ストーカーが被害者自宅の中まで侵入してきて大事な物を荒らしたり、家族や同居者などの人間を工作員側に取り込むことに拘る理由はまさにここにある。

大まかに分類して、危害を予期できるが対処はできない「学習性無力感」は被害者を引篭もりや鬱にし自殺させる為に、また本来安全であるべき場で予期せぬ危害を受ける「実験神経症」は心身を病ませ精神錯乱や人格崩壊、あるいは衝動的な犯罪へ追い込む為に、コインテルプロ犯罪者たちはそれぞれ用いているようだ。
参照Powell et al. Introduction to Learning and Behavior, p369

n said...

“Sensitization”「鋭敏化」

2005年、父の死と集団ストーカー犯罪被害について下関市長府署に問い合わせに赴いた際、クボタ刑事は、警察に共通の「それはあなたの被害妄想だ」とトボケる対応を示したが、同刑事は不意に「そのうち家の前を車が通っただけで怖がるようになるよ」と実は集団ストーカー犯罪に学習心理学が悪用されている実態を把握していることを図らずも暴露した。

実際2009年、カリフォルニアで間借りしていた家の大家とトイレを修繕していた際、シンとしている所へ、ひときわ大きなエンジン音の車が通った瞬間、大家はビクッとして全身に震いが走り顔をひきつらせた。この大家も集団ストーカー被害があることは時折、言外に認めていた。

n said...

集団ストーカ犯罪調査の世界的な権威デヴィッド・ローソンの著書にもトイレで排泄時に、集団ストーカー公務員らがノゾキ見していることを公用車のサイレンを使ってアピールしてくるという、全く同様の危害例がリストされている:

 「It is not uncommon for a target to hear honking horns and occasionally fire enigine or ambulance sirens when he uses or flushes the toilet, or makes noise.」

David Lawson “Terrorist Stalking in America”

当資料集ブログ "新しいタイプの人権侵害・暴力"にも抜粋を掲載中

*****************
また日本でも大阪府警のコインテルプロ(権力犯罪)従事者らが職務として税金で民間人のトイレをノゾキ見していることがTV報道で明らかにされている

”取調室で警官怒号 ICレコーダーに録音…男性、2人告訴へ”

「警察をなめとったらあかんぞ。殴るぞ」「一生を台無しにするぞ」

「家族までいったる」などとどなったり物をたたいたりする音が記録されていた。

翌日TVのウェークアップ!ぷらすでは「オマエの家族が何回、便所の水流したか全部調べたるぞ!」と
脅す警官の声も放送された。実際の会話内容はユーチューブに多数アップされている

ソース:大阪読売
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20101007-OYO1T00703.htm?from=main4

n said...

セリグマンは・・・米軍のSERE(生存、回避、抵抗、脱走の頭文字)の訓練をほどこす学校の一つで、犬を用いて「学習性無力感」の実験をした・・・こういう学校の目的は、もともとは捕虜になって生き延びる方法を兵士たちに教授することだったが、九・一一テロ事件ののち変更され、テロの容疑者を拷問する新しい方法を考案することになった。(p.206)

『ポジティブ病の国、アメリカ』 バーバラ・エーレンライク (著), 中島由華 (翻訳) 河出書房新社
http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2012/01/bright-sided.html

n said...

東ドイツ秘密警察が集団ストーカーに出していた「被害者に"学習性無力感"を起こさせる」命令文書
「社会的、個人的、仕事の面において、健康面、政治に関していずれの点において葛藤を抱いたとしても解消できない状況を作り上げる」p.379
http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2010/10/blog-post_20.html?spref=tw

 この命令文書にあるとおり、集団ストーキング危害の指針として列記された項目、すなわち「心を殺す・・恐怖心を起こさせる・・失望させる・・才能や能力を制限する・・行動能力を低減する」はまさしく【学習性無力感】を人工的に起こさせる指示に他ならない。

このように人為的に欝にさせられていることに気付かぬ被害者は、自分が怠け者だとか無能だとか、あるいは運が悪いと思い込まされ、最悪の場合、自殺に追い込まれている

n said...

当資料集ブログ『新しいタイプの人権侵害』にも掲載中の記事"The Experiment"には次のような告発も載っている:
"a mass suicide attempt at Guantánamo, in August, 2003, in which two dozen or so detainees tried to hang or strangle themselves, was provoked"
ここから伺えるのは、精神科医や心理学者も協力している米軍の「拷問方法を開発する人体実験」では、被害者に何を何処まで行なえば自殺に追い込む事ができるかまで研究しているという事実である。

この拷問法の開発に携わったセリグマンが、鬱を引き起こす「学習性無力感」理論を提唱している。さらに日本の医学統計では自殺者のなんと90%が鬱を患っている。

これらの事実を踏まえて、東ドイツにおいて国家規模で行なわれた集団ストーキング犯罪で出されていた「指令文書」の内容を振り返ってみよう。すると、集団ストーキング犯罪の目的のひとつは被害者を自殺させることにあり、その犯罪の実行犯らに理論的な手引きをしているのが精神科医や心理学者であるという構図が見えてくる。

n said...

“Sensitization”「鋭敏化」

The following is a excerpt from an authentic website about this issue, gangstalking and sensitization. This site has been refered to for many years.

-------------------
What are some techniques used against targets?


A few of the most common techniques are listed below.

a) Classical conditioning.

Getting a Targeted Individual sensitized to an everyday stimuli. The targeted individual over a period of months, or even years is negatively sensitised to an everyday stimuli, which is then used to harass them. It’s used out in public to let them know they are constantly being harassed and monitored. Some examples of everyday stimulus that might be used include: sounds, colors, patterns, actions. Eg. Red, white, yellow, strips, pens clicking, key jangling, loud coughing, loud whistling, loud smacking of clapping of hands together, cell phones, laptops, etc.
http://whatreallyhappened.wikia.com/wiki/Gang_Stalking