Monday, May 28, 2018

矢部宏治『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』

Yabe, H. (2014) Why cannot the Japanese cease the U.S. Military bases and nuclear power plants? 

沖縄で見た、日本という国の真実

米軍の飛行機は日本の上空をどんな高さで飛んでもいいことになっています。...そういう法的権利をもっているのです。
でもそんな米軍機が、そこだけは絶対に飛ばない場所がある。
どこだかわかりますか?
...写真の中央にゴルフ場のような芝生に囲まれた住宅地があるのですが、これは基地のなかにある米軍関係者の住宅エリアです。こうしたアメリカ人が住んでいる住宅の上では絶対に低空飛行訓練をしない。
なぜでしょう?
もちろん、墜落したときに危ないからです。(p.9)


米軍機はどこを飛んでいるのか

...つまり米軍機は、沖縄という同じ島のなかで、アメリカ人の家の上は危ないから飛ばないけれども、日本人の家の上は平気で低空飛行する。以前、事故を起こした大学の上でも、相変わらずめちゃくちゃな低空飛行訓練をおこなっている。簡単に言うと彼らは、アメリカ人の生命や安全についてはちゃんと考えているが、日本人の生命や安全についてはいっさい気にかけていないということです。

...アメリカでは法律によって、米軍機がアメリカ人の住む家の上を低空飛行することは厳重に規制されているわけです。それを海外においても自国民には同じ基準で適用しているだけですから、アメリカ側から見れば沖縄で米軍住宅の上空を避けて飛ぶことはきわめて当然、あたりまえの話なのです。
 だから問題は、その「アメリカ人並みの基準」を日本国民に適用することを求めず、自国民への人権侵害をそのまま放置している日本政府にあるということになります。 (p.12)


日米原子力協定の「仕組み」

...「廃炉」とか「脱原発」とか「卒原発」とか、日本の政治家がいくら言ったって、日本側だけではなにも決められないようになっているのです。条文をくわしく分析した専門家に言わせると、アメリカの了承なしに日本側だけで決めていいのは電気料金だけだそうです。(p.95)

Sunday, May 27, 2018

内海聡 『薬が人を殺している』

Utsumi, S. (2015). Kusuri ga hito o koroshite iru: Shitte okitai yūgai sayō to gedoku no susume. Tōkyō: Takeshobō. 

うつや神経症をもたらす抗ヒスタミン薬
…昔からスギ花粉などたくさん飛んでいたのです。…花粉が原因ではなく体の栄養不足や化学物質の汚染、花粉の汚染などこそが花粉症やアレルギーと呼ばれるものの主たる原因なのです。(p.p.141-142)

モノアミン仮説の嘘

…精神薬を飲んでいる患者さんが日本には400万人弱くらいいると推測されています。しかしその人たちで根本的に良くなったという人など、一人もいないと断言することが出来るでしょう。なぜならほとんどの人は麻薬や覚せい剤を飲んでいるのと同じですから、…飲めば飲むほどに脳を破壊していき、性格も破壊していき脳のホルモンを直接いじるのです。(p.88)
…決して心の問題があっても精神科や心療内科には行くなということです。
 心の悩みは原因を除去して心や精神で解決するよりありません。(p.98)

Wednesday, March 28, 2018

内海聡 『大笑い!精神医学』

精神医学を100%否定する理由
Utsumi, S., & Mendūsa, . (2012). Ōwarai seishin igaku: Seishin igaku o hyakupāsento hitei suru riyū. Tōkyō: Sangokan.

精神医学を絶賛した独裁者たち

ドイツ精神医学療法神経学会(DGPPN)のフランク・シュナイダー会長は、2010年の総会において、ナチス時代にドイツ精神医学の名の下に、強制移住・強制断種を強いられ殺害された犠牲者およびその家族に、「精神医学がホロコーストを主導した」として正式に謝罪しています。(p.30)

精神医療は牧畜産業だ!


もともとこの「精神医療は牧畜だ」という言葉は、日本医師会の元会長・武見太郎氏のものです。…まず牧畜ですから牧畜する「モノ」が必要です。その「モノ」こそ患者です。
精神医療にとって患者とはヒツジやブタと同じ「モノ」なのです。

 …そして餌が必要ですが、餌とは精神薬に他なりません。そして牧場が必要ですが、それこそ精神病院であり患者の家そのものです。他のところへ行ってもらっては困るのです。牧畜ですからお金儲けする必要があります。そのためにどうすればいいかというと…通院して薬をもらって精神科医や製薬会社が儲けている構図と同じです。
 そして最後はどうなるでしょうか?屠殺され肉に加工されて売られる……。つまり最後は精神医学によって殺されます。(p.16)


戦争よりオイシイ病気商売

…WHOは「人類の90%は余剰である」と正式に述べています。(p.78)

Monday, March 19, 2018

池谷裕二『脳はなにげに不公平』

パテカトルの万脳薬
Ikegaya, Y. (2016). Nō wa nanige ni fukōhei: Patekatoru no bannōyaku. Tōkyō: Asahishinbunshuppan.

見ている夢を当てられる日も近い
...ATR脳情報研究所(当時)の神谷之康博士ら[は]、予め脳が様々な映像に対してどのような脳活動を示すかを測定しておくことで、寝ているときの脳活動から、どんな夢を見ているのかを当てられることを証明しました。(Horikawa, T, M. Tamaki1, Y. Miyawaki, and Y. Kamitani.Neuraldecoding of visualimagery during sleep. Science, 3 May 2013: Vol. 340 no. 6132 pp. 639-642)
 神谷博士らは工夫を凝らした判別関数を予測アルゴリズムとして用いました。さらに今回の研究では、寝ている人を起こして夢の内容を報告してもらっています。寝ぼけ頭脳なので途切れ途切れの曖昧な陳述ですから、巧妙な語彙分類法で、体系的に解析しました。(p.80)


言語マヒが生む天才⁉

ヤング博士らは、なんと健康な人の脳で実験を行いました。(Young, RI., Ridding, MC, Morrell, TL. Switching skills on by turning off part of the brain. Neurocase. 2004 Jun;10(3):215-22.)強力な磁気刺激装置で[言語や概念を司る]前部側頭葉をマヒさせてみたのです。もちろんマヒさせている間は言葉を話せません。しかし、17人中5人という低い確率ではありましたが、記憶力や描画力、計算力が増強したのです。この能力は言語マヒから回復するとともに、平凡なレベルに戻りました。(p.103)

Sunday, March 18, 2018

菅沼光弘『この国の不都合な真実』

日本はなぜここまで劣化したのか?
Suganuma, M. (2012). Kono kuni no futsugona shinjitsu: Nihon wa naze kokomade rekkashitanoka. Tokumashoten. 

[東日本大震災後]誰もが「日本はひとつ」といい、強い「絆」で連帯しようと声をあげました。そんな日本人の姿を見て、世界中の人が驚き、感嘆しました。アメリカも口では日本人の素晴らしさをほめたたえました。しかし、本音は違います。
 彼らにとって「日本はひとつ」では困るのです。人のために自分を犠牲にするなどとんでもない話で、みんながバラバラになって、自分のことしか考えない個人主義になってもらわなければいけないのです。
 とりわけアメリカにとって衝撃的だったのは、天皇・皇后両陛下の存在の大きさです。…天皇の存在があるからこそ「日本はひとつ」になるのです。頑張れるのです。だから戦後の焦土から日本は復興したのです。東北も必ず復興します。
 アメリカからすれば、そんなことは許されない。…天皇制を廃止して日本をバラバラにする必要がある。彼らはそう思っています。


…アメリカのやり方はいつもそうですが、有形無形の圧力をかけながら、それを選択したのは日本国民だという方向にもっていきます。そのためにアメリカの考えを代弁する人たちをつくっていく。世論を形成していく。
 TPPにしてもそうでしょう。日本の新聞はことごとくTPP賛成なのですから。そうして日本の自主的な判断というかたちにもっていく。「われわれは強要したわけではありません。日本が自分で決めたことですよ」と。それがアメリカのやり方なのです。(p.p.184-185) 

アメリカのインテリジェンスというのはとてつもなくて、日本の主要な政治家のすべての記録をアメリカの情報機関は握っています。携帯電話の通話内容からインターネットの個人情報まで、ことごとく筒抜けになっている。それは小沢さんの自民党幹事長時代からそうで…今はもっと自由自在で、かつ緻密になっています。ですからアメリカとの交渉で日本が優位に立つことはほとんど不可能なのです。(p.108)


Wednesday, March 14, 2018

飛鳥昭雄/池田整治『メディアが報じない日米関係のタブーと世界金融支配体制』



池田[福島原発事故では炉が]一四〇度二気圧になった時点で冷却水が止まり、炉内の蒸気は漏れていた。事実、最初に炉を確認した技術者はパイプが壊れてシューシュー音をたてているのを確認している。
  その人はおそらく一万シーベルトくらい被ばくして即死に近い状態だったんじゃないかと思いますよ。それを後になって死因を津波のせいにしているのではないか。
飛鳥 あの吉田所長もがんになって死んだじゃないですか。それを、以前からがんだったとか説明している。
池田 とんでもない話です。
飛鳥 でも、それを日本人はみんな信じてしまう。日本人は昔から権力者や政治家や役人に弱いんです。猫も杓子も権力になびいて、自分の頭で考えようとしないんです。
池田 工事の人たちも亡くなっている。
飛鳥 亡くなって、入れ替わり立ち替わりやっている。工事で来た人たちの追跡調査はしていませんからね……。実際には一か月で死んでいるという話も聞きますよ。
池田 仮に亡くなったことが明らかになっても原発とは関係ないことにするんでしょう。
飛鳥 それから、最近は「ぽっくり」も多いですからね。
池田 心筋梗塞に脳梗塞。新陳代謝の盛んなところからDNAがやられていきますから。(p.p.94-95)


[...]

飛鳥 以前、日中の外交を成功させる鍵を握っていた優秀な日本の外交官・西宮伸一氏が、突然、自宅近くの路上で急死した出来事があったでしょう?大使として派遣される寸前のことだったんですが、彼は携帯電話をいくつか持っていて、当然それにはGPS機能があるから、GPSを管理するアメリカはその位置情報をリアルタイムで握っていました。
 そこへ照準を合わせて、仁丹程度の大きさのプラズマを打ちこめば心臓麻痺を起こせます。もちろん、プラズマは透過しますし、瞬時に体内で発生して消えるパルスアタックですから、表皮に穴は開きません。
 また、プラズマは強力な電気ですから、打ちこまれたら心臓はひとたまりもありません。
池田 同様の兵器は、実際にイラク戦争でも使っていますよ。(p.248)

[...]



飛鳥 アメリカが作った電磁波兵器は電子レンジ式でね、たとえば、それをテロリストに向けると体の中から熱くなる。アメリカは殺傷兵器じゃないと言ってますが……。
…でも、電磁波の出力レベルを上げたら、電子レンジの中の卵のように人体が血液の沸騰により爆発する。
池田 建前としては、暴徒鎮圧に使うと言ってるけど。…しかし、この兵器が細胞、特に脳細胞に対して長期的にどういう影響を及ぼすかということの検証は誰もしていない。本当は開発段階でやっているだろうけど隠している。
飛鳥 少なくとも動物実験はやっているはずです。電磁波兵器はプラズマ兵器でもありますから、最終段階ではすさまじい高熱で人体内部から発火し、わずか四分足らずで体が灰になるでしょう。[...]
池田 米軍もそうだし、先進諸国は大体電磁波兵器を持っていますね。日本を除けば。(p.p.263-264)


[...]

飛鳥 …老人の多くはテレビ漬けの日々を送っていて判断力が低下していますし、戦後からすべてを自民党にお任せする人生ですから、疑うことを知らず、何度もオレオレ詐欺に
引っかかります。…いざとなればアメリカが助けてくれるという妄想を抱いていますが、そういう人ほど真っ先に抹殺されるでしょうね。日本人はいつの頃からか自分の頭で物事を考えなくなったため、思考停止に陥っていますから。
池田 まあ、植民地国家ですから。そうなるでしょうね。(p.233)

Saturday, March 3, 2018

池田整治『離間工作の罠』

日本を分断する支配者の手口
Ikeda, S. (2015). Rikan kosaku no wana: Nihon o bundan suru shihaisha no teguchi. Bijinesusha.

仲のいい夫婦を離婚させる方法

…離間工作は、国家、民族レベルからあらゆる組織、個人レベルにまで行われる。敵対する、あるいは自分たちの利益に影響を及ぼす組織個人を叩くために、誹謗・中傷からデマの流布、果ては人物破壊まである。…民主党・小沢一郎氏への人物破壊工作はその典型であろう。
…仲のいい夫婦間でも、信頼する友から「○○さんと二人で会っていたよ」などと思いがけないことを言われると、心に微妙なすきま風が入るだろう。猜疑心の強い人ならヒビが入るかも知れない。これが信頼する三人から別々に同じことを言われたならば、離婚まで決定的に溝は深まるかも知れない。まさに、嘘も三回言えば真実になる、と言われるゆえんである。
 例えば、信頼できる素晴らしい人と思っていたところに、知人からあの人は、「右翼」「左翼」「○○宗教」「反日」「誰々と会っていた」などと一言耳に入れられただけで、これまでのように絶対的に肯定的な感情で付き合えなくなった体験はないだろうか。(p.p.22-23)


恐怖と疑心暗鬼にとらわれた密告社会の完成

 国民党軍を追い出した占領地区に、集落ごとに広場に集め、武装した共産党員がやってくる。そして、「この中に反共産主義者が10名いる。明日の朝までに10名を出さなかった場合、全員反共産主義者と認め射殺する」と宣言する。
 そして翌日。村民は「反共産主義者はいない」とお互いをかばって誰も出さない。すると文字通り全員虐殺するのである。しかも婦女子には暴行、強姦、その後虐殺。
…翌々日。共産党員が隣の集落に赴く。「この中に…」
 隣の村の悲惨な状況が伝わっているだけに、お互いがお互いを反共産主義者とののしりあって、犠牲者を「告発」するようになる。特に、共産党員の示唆により、それまで尊敬されていた地主や村長、学校の先生、日本人など指導層がやり玉にあがったという。そして、住民全員の目の前で悲惨な「処刑」が行われる。
 例えば、住民みんなから慕われていた旅館の日本人女将さんは、地面に大の字に倒され、首と両手両足にそれぞれロープをかけられる。それぞれのロープの片方には馬がつながれている。そして合図とともに五頭の馬の尻に鞭が入れられる。五体が一瞬にしてバラバラになる。もし、このような処刑を「見学」しなければ、反共主義者として自らが処刑の対象となる。
…このような統治が続くと、疑心暗鬼の精神状態の中、生き残るために「嘘」をつくのが当たり前の社会となる。(p.p.57-59)


3S政策で愚民化し自主、独立の精神が育たないようにする

 また、国際関係論上では世界の自由主義体制の旗手であるアメリカも、実体は世界金融支配体制の「駒」と見ることもできる。健康に生きる一部の支配層エリートたちと化学物質漬けで太らされ富を収奪される大衆との二極化が極端になってきた。ただし、こちらの場合は得意のマスメディアを使った「3S(Screen:スクリーン=映画、Sport:スポーツ=プロスポーツ、Sex:セックス=性産業)政策」という愚民化政策で、真の支配構造に意識がいかないようにしている。これも形は違うが、国民の本来目指す方向をそらすための「欲望を使った離間工作」と言える。(p.p.61-62)

核、原発問題に日本は口を出せない

 [広島の被爆地の]内部被曝は、データをとるABCC(原爆障害調査委員会)の関係者にも伏せられていたわけである。
 実際は、爆心からはるか十数キロメートル離れた死の灰が降った地域を、たまたま帰宅時に通過した少女が、成人して生んだ子供が一つ目小僧の奇形児であった症例がある。しかしこれも原爆症とは認定されていない。
  […]
  1954年3月1日、南太平洋でマグロ漁を操業していた第五福竜丸が、ビキニ環礁で行われたアメリカの水爆実験の死の灰を被ってしまったのだ。…第五福竜丸以外に98隻のマグロ船が同じように内部被曝している。日本政府は、日本に寄港後これらの船、マグロ、船員の被曝状況を測定し、アメリカにデータを送ったあと、日本では「なかったこと」にずっとしてきた。実際は、被曝した船員の三分の一ががんで亡くなっているにもかかわらず。そして30年後…日本政府の担当部署もその被曝データを、「実はありました」と発表した。(p.p.92-93)


原発反対者=左翼主義者という離間工作

…反原発、反核、あるいは反米を表明するものたちを、[世界金融支配体制者が]独占支配したメディアを使って「左翼主義者」「共産主義者」「親ソ連(ロシア)・中国」「赤(アカ)」、あるいは「過激派」「テロリスト」と「レッテル」を貼ることで、世論を反原発・原爆運動から分断することができる。典型的な「レッテル」による「離間工作」である。(p.103)

植民地化500年の真実を捏造する壮大な離間工作

[朝鮮半島南北に国家が成立した]事後の朝鮮戦争は、この分断・支配を利用して世界金融支配体制が、戦争ビジネスで暴利を貪った離間工作の成果とみることもできる。
 また、現代でも米軍横田基地から米軍最大の輸送機C-5が日本からブルドーザーを積んで平壌飛行場まで飛んだことも確認されている。つまり、北朝鮮の基地建設をアメリカが支援し、北朝鮮に日本へ向けてミサイルを発射させて、アメリカは日本からさまざまな手段でお金を上納させている。一言でいえば、巧妙な離間工作による「用心棒代」である。(p.p.110-111)


永久の贖罪意識の刷り込み

[戦後]特に欧米人による植民地支配、ユダヤの金融世界支配の実態を鋭く分析した、いわゆる彼ら世界金融支配体制に「不都合な戦略書」約7700冊を日本列島から持ち去っていった。まさに学問と思考の自由を止める「焚書坑儒」が行われたわけである。
 今、私の手元にはそのうちの三冊『思想戦と国際秘密結社』(北條精一編著)と『ユダヤの人々』(安江仙弘著)、『新聞とユダヤ人』(武田誠吾著)がある。みごとな世界金融支配体制の歴史的分析と考察である。
…贖罪意識を植え付けるには、まずそれまでの心のよりどころを破壊し、不安定にすることである。それには「民族の歴史」を否定して「縦の糸」を切り、さらに人間関係の基本である「家族の絆」という「横の糸」を断ち切り、精神的に不安定な状態に落とし込むことである。つまり日本人としてのアイデンティティの喪失である。そのうえで、彼らの作った歴史観、社会観を断ち切った心のすき間に植え付けるのである。
 「歴史をなくした民族は滅びる」という言葉があるが、神話が先祖の物語として現代に綿々とつながり、世界唯一太古から続く日本の歴史を教育の現場から徹底して排除した。(p.p.114-115)


現代は日本人を病弱化しながら金融収奪する最終段階

…人口爆発を回避するためにワクチンの中に避妊成分を入れたり、エイズやサーズ、インフルエンザの遺伝子操作ウイルス、つまり生物兵器が堂々と使われる時代となった。エボラ熱もやがてその流行の真実が解き明かされる時がくるだろう。
 いずれにせよ、フォート・デトリック(メリーランド州)にある米陸軍感染症医学研究所でウイルス兵器を作り、治療ワクチンも作る、いわゆる「マッチポンプ」で彼らの医薬品メーカーが大儲けしている。世界金融支配体制によると、未来の地球上での適正人口は5億人とのことである。残るのは彼らに忠誠をつくす奴隷的白人だけらしい。…いずれにせよ、日本人の少女全員に百害あって一利もなく避妊成分も多く入っていることがわかっている子宮頸がん予防ワクチンをなぜ強制的に全員に打たせようとするのか(子宮頸がん予防のワクチンとされる「サーバリックス」には、有機水銀やアルミニウム、さらにペットの去勢・避妊薬として開発された成分までもが含まれると言われる)。
 現に世界で約3万人、日本でも2000人に近い少女に健康被害が出ている。これらは、「人口削減」というキーワードで納得できる。彼らにとって、もっともやっかいな民族・日本人を早々に抹殺したいのであろう。(p.p.139-140)