Thursday, March 9, 2017

Davis,『パブロフの犬: 実験でたどる心理学の歴史』

Hart-Davis, A., & Yamazaki, M. (2016). Paburofu no inu: Jikken de tadoru shinrigaku no rekishi. Sogensha.

アルバート坊や、どうしたの?

人間を対象とした古典的条件づけの研究

 ワトソンらは、動物、とくに白いラットに対する恐怖感を条件づけできるかの実験を開始します。
・・・アルバートにラットを見せて鉄の棒を叩くというプロセスをさらに3回繰り返しました。その後、アルバートはラットを見ただけでしくしく泣くようになります。


・・・アルバートのラットへの恐怖感が毛皮を持つ他の動物にまで拡大し、たとえばウサギを見ただけで怖がるのかを確認したいと考えます。ウサギを見たアルバートは、ウサギからできるだけ遠ざかり泣き出しました。犬を見たときは、ウサギのときほど取り乱しませんでしたが、再び泣き出します。アルバートは綿を丸めたものさえ嫌がりました。


 この実験は当時であっても物議をかもす実験と見なされ、現在に至るまで結論の正当性と倫理面の両方で激しい批判の対象になってきました。・・また当時、アルバートの母親が実験に正式に同意していたか疑問が残ります。(p.p.28-30)

どこまでやるの?

ミルグラム実験

ミルグラムは、ボランティアの被験者がどこまで権威に服従するかを調べることにしました。ミルグラムはC・P・スノーが1961年に述べた「反乱の名のもとに行われる犯罪よりもひどい犯罪が、服従の名のもとに行われてきた」という言葉に触発されました。またミルグラムは、第二次世界大戦中とそれ以前に、数百万人の罪なき人々が、命令によって強制収容所のガス室で虐殺されたこともよく知っていました。(p.78)

[生徒役の人間に電流を流すよう命令された40人の被験者のうち]300ボルト以下で実験を拒否した「教師[役の被験者]」はおらず、少なくとも26人の「教師」が、[致死量だと教えられている]最大450ボルトに達するまで実験を続けたのです。(p.80)

善人は悪人になれるのか?

状況が行動に与える影響とスタンフォード監獄実験

模擬監獄を作る
囚人がトイレに行きたい場合は、看守から許可を受け、目隠しをされて廊下を歩かなければなりません。部屋は盗聴されており、ビデオ撮影用の穴も設けられていました。

屈辱
・・ジンバルドーは、[現実の刑務所]同様の屈辱感を与える方法を考えたのです。・・ストッキングのキャップはその代用でした。鎖を足首に着けたのは、抑圧的な環境にいることを思い知らせると同時に、夜間の睡眠を少しでも妨げるためです。

囚人の反抗
 看守たちは刑務所内のコントロールを取り戻すため、心理的な戦いを挑みます。他の囚人が見ている前で、犯行に最も消極的だった3人の囚人をベッドのある部屋に移し、上等な食事を与えたのです。これ[Divide & Conquer]により他の囚人たちのフラストレーションと怒りは看守ではなく同じ囚人に向くようになりました。 ・・日が経つにつれ、看守は次第に残酷でサディスティックになり、特に夜間の勤務で、囚人以外に目撃者がいないと見なすと、そのような傾向が強く出ました。


本当に自分をコントロールできているのか?

[実験結果から]脳は、被験者が[手首を動かす]行為を行おうと「決定する」よりも、およそ3分の1秒先行して活動を始めていることになります。

「・・・この推測が正しいとすれば、人間が自分の意志通りに行動を開始し、自発的行為のすべてをコントロールしている可能性が減じられる・・」(研究者・リベット他)

リベットは1985年に、さらなる実験結果を報告します。この実験では被験者に、行為をしようと決意した後で、その行為を中止してもらいました・・被験者は、行為を中止するだけの時間的余裕は持っており、そのため行為を中止できたのです。

「・・この考察では、無意識のうちに開始された行為の最終段階で自制心が用いられていると考えられる。・・モーセの十戒に代表される倫理規定の多くは、しなさいと指示するものではなく、してはならないという禁止の規定なのである」(同上)

武藤清栄『介護職の人間関係』

メンタルをちょっと変えればうまくいく! : 現役介護職の実際の体験談から読み解く : 介護職の人にありがちな人間関係のストレス、悩みを心の専門家が解決!
Muto, S., & Kaigo no ningen kankei kenkyukai. (2015). Kaigoshoku no ningen kankei: Mentaru o chotto kaereba umaku iku : Gen'eki kaigoshoku no jissai no taikendan kara yomitoku : Kaigoshoku no hito ni arigachi na ningen kankei no sutoresu nayami o kokoro no senmonka ga kaiketsu. Seibundoshinkosha.

モラハラの加害者は、自分を正当化しようとして相手の人格を継続的に傷つけます。自己愛に満ちている人が加害者になりやすいと言われており、本当は自分の責任なのに相手に転化する、つまり投影してしまう傾向があります。
そして、自分を正当化するためには、「傷つけられても仕方がないダメな人だ」という認識を、被害者や周囲に思い込ませようとします。

・・モラハラの被害者になってしまったとき、「悪いのは自分かもしれない」と思わないことが大切です。
そして(会議や宴会の日時を教えないなどの嫌がらせに対して)じっと我慢するのではなく、「私は、連絡がなくて困ってしまった」など、そのときに生じた自分の気持ちを、「私は」を主語にして素直に伝えるようにしましょう。あまり深く考えず、さらりと伝えればいいのです。伝えることで、もんもんとしていた自分の気持ちが少し楽になりますし、続けるうちに相手の中に「自己主張をする人だ」という認識が高まって、モラハラの対象ではなくなる可能性もあります。

また、自己愛性格の人がモラハラ的な言動をやめる方向に向かうには、「自己愛にそれほどこだわらなくても、自分の尊厳は傷つかない」と気づくことです。(p.p.69-70)

Fulford,『図解「闇の支配者」頂上決戦』

Fulford, B. (2011). Zukai yami no shihaisha chojo kessen. Fusosha.

3月11日、東北地方を襲った大震災の結果、多くの善良な人々が家族と悲しい別れを体験し、いまだ家に戻れない人もいる。
チェルノブイリ以上とも言われる原子力発電所の事故によって、故郷を奪われた人もいる。流出した放射性物質の恐怖に怯える人もいる。そして、その結果、日本人同士での対立や、無用な差別さえ起きているのだ・・・。
本来ならともに手をとって“真の敵”と戦わねばならないときに、日本人同士でいがみあってしまうのは、まさに“真の敵”の術中にハマっていることに他ならないのだ。
実はいま、この“真の敵”—―私が以前から主張している“闇の支配者”である—―たちもまた、内部で派閥による内部抗争が起き、熾烈な足の引っ張り合いが起きている。
・・日本で起きた東日本大震災も、闇の支配者たちの原子力利権派と石油利権派の頂上決戦なのである。
彼らは余りある富を手にし、最新の技術を持ち、強力な権力を持っている。しかし、己の欲に溺れ、自らの首を絞めつつあるのだ。(p.p.2-3)

かつては盛んに報道されていた人工地震!


地震兵器は“愚者の妄想”のように思われているが、1970年代頃までは朝日や読売が普通に取り上げていた。(p.13)

レディ・ガガ  奇抜な格好でイルミナティの思想を宣伝する操り人形

彼女のPVや曲、衣装やメイクに仕込まれたイルミナティのサブリミナルメッセージを大衆が「スターたりえる奇抜なセンス」と勘違いし、知らぬ間に洗脳されているのだ。(p.p.20-21)

東日本大震災

住宅建設業「東日本ハウス」の株価が震災1か月程前から不自然に値上がりし、震災数日前には急騰していた。また、韓国では同じく1ヶ月程前から、被曝治療薬をカナダから大量輸入していたなど、[人工地震の状況証拠は]枚挙にいとまがない。(p.63)

福島第一原発事故

 「今(事故当時)から4か月前に、アメリカの意向により否応なしに福島第一原発の3号機にプルトニウムが入れられた」という福島県知事の証言もあり、だいぶ前から仕込みが行われた事がわかる。また、地震兵器で用いた核爆弾から飛散した放射線物質を隠蔽するために仕組まれた事故でもあった。原子炉内のの汚染水を近隣諸国の承認を得る前に急いで海に放出したのも、そのためである。(p.64)。